三島の街の歯医者さん。インプラントや審美歯科も『浅井歯科診療所』へご相談ください。
ご予約・お問い合わせ

※予約優先 休診日 水・日・祝日

予防歯科

8020運動をご存知ですか?
80歳で20本の歯を残すために。
8020(マチマルニイマル)運動は、日本歯科医師会が推進している
「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動で、三島市でも力を入れています。
20本以上の歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われています。
生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるようにとの願いを込めて、この運動が始まりました。
60歳を超えると、徐々に意識が高まり「私の歯は今何本残っていますか?」という質問を多く聞くようになります。
出来れば、歯が無くなり始めてからのお手入れでなく、普段から歯の健康にも力を入れましょう。

8020運動を達成するために・・・

2011年の厚生労働省の調査によると、8020達成率は、38.3%でした。
(75歳以上80歳未満、80歳以上85歳未満の数値から推計:平成23年歯科疾患実態調査より)
それ以降の調査でも、着々と達成率が上がっています。

歯を失う原因で最も多いのが歯周病です。
日頃の仕事の忙しさに任せて、暴飲暴食や不規則な生活など、日常の生活習慣の乱れが歯周病につながりますので、毎日のチェックが重要です。
個々の自覚が大事で、予防はやる気から始まります。歯磨きなど毎日の手入れとあわせて、口の中の衛生管理なども定期的に習慣づけて行うと良いでしょう。

達成できなかったとしても・・・

8020を達成できなかった方も、しっかりと噛み合い、きちんと噛むことができる義歯(入れ歯)などを入れて口の中の状態を良好に保つことで、20本あるのと同程度の効果が得られます。

義歯を含めた歯で食べ物をしっかり噛むことができれば、全身の栄養状態も良好になりますし、よく噛むことで脳が活性化され、認知症のリスクが軽減するという調査結果も出ています。いつまでもおいしく食べ続け、健康寿命を延ばすためにも定期的にかかりつけの歯科医院に行き、口の中の健康を保ちましょう。

歯周病について

日本の成人10人に8人は歯周病にかかっていると言われています。
歯肉に炎症が起き、そのまま放置しておくと出血・膿がでたり口臭がひどくなったりし、最後には歯が抜け落ちてしまいます。


歯周病の予防

毎日しっかり歯を磨いているつもりでも、歯周病になる方が多くいらっしゃいます。
歯周病のそもそもの原因は、細菌が歯の周囲に付着し、その細菌が出す毒素が歯ぐきに入ることから歯肉に炎症が起きます。
この細菌を定期的に取り除くことで、歯周病を防ぐことができます。
歯周病は薬では治りませんので、出来る限り歯周病になる前に防ぎましょう。
「咬み合わせが悪い」「歯ぎしりをする」「歯並びが悪い」という方は、歯周病のリスクが高い傾向にあります。思い当たる方は、早めの予防を心がけましょう。

あなたの歯ぐきは大丈夫?歯周病チェック!

歯みがきのとき、歯肉から出血がある
歯肉の色が変わったり、腫れたり膿がでたりしている
口臭が気になる
1本でもグラグラする歯がある
歯肉が下がって歯が離れてきているように感じる
歯並びやかみ合わせに変化があった
糖尿病である


むし歯予防

一番のむし歯予防は、生活習慣からの予防です。
むし歯は細菌によって引き起こされる病気ですから、規則正しい食生活とお口の中を清潔に保つためのブラッシングで、ある程度の予防が可能です。

浅井歯科診療所では、3つの観点からむし歯の予防を行っています。


生活習慣の見直し

規則正しい食生活の勧めと悪いクセ等の改善、正しいブラッシング方法などを指導します。

口腔内から感染源となる歯の除去

う歯になってしまったら、年齢や症状を考慮し、最適な方法で治療をします。

メンテナンスによる良好な環境の維持

フッ素塗布や機械的なプラ-クの除去など、メンテナンスによるリスクの軽減を行い、むし歯のない永久歯列の維持を行います。

予防歯科Q&A

むし歯はどうしてできるの?
日本人の約90%以上がむし歯にかかっています。むし歯は、歯の表面についた歯垢(プラーク:食べ物のカス)に、むし歯をつくるミュータンス菌が住みつき、糖分を栄養にして酸を出します。この酸は歯の表面の硬いエナメル質を溶かし、その部分に孔をあけます。
これがむし歯のはじまりです。
むし歯は誰でもかかっているために軽くみられがちですが、再石灰化が不可能なレベルに達したむし歯は自然のままでは元には戻りません。
治療を受け、それ以上進行しないようにするしか、歯を守る方法はありません。
むし歯や歯周病で全身的な病気になるの?
人間の身体は、血液・リンパ腺・神経などによってすべての器官が連絡しあっています。
歯科の2大疾患であるむし歯と歯周病は、細菌感染症なので、その細菌が全身に影響をおよぼして、(病巣感染といいます)心臓病や糖尿病、胃腸障害など、循環器や消化器系の病気の発症や進行に重大な影響を与えることがわかってきました。
歯周病が口の中だけでなく生命の危機につながる、全身の健康に影響が有ることは確実です。
歯周病は自分でもわかる?
成人の8割は歯周病を持つと言われていますが、気付かない人がほとんどです。
そして歯周病になると、気付かないうちに自分の大切な歯を失うことになります。幸い歯周病は予防することができますし、発見が早いと治療もしやすい病気です。
むし歯じゃないのに歯がしみるのですが・・・
むし歯がないにもかかわらず冷たいものを口に入れたときズキッとしみる。これは歯肉が下がってセメント質が露出してしまい、それで刺激を感じるためです。
これを知覚過敏といいます。
スマ-トフォンサイトを表示する